三井の賃貸

三井の賃貸 レジデントファースト

街との出会い・発見

Vol.2 「新宿御苑」の暮らし

街との出会い・発見~「新宿御苑」の暮らし

前編:写真と旅が好きなアパレル業界勤務の独身男性が選んだ街「新宿御苑」

渋谷に本社のある大手アパレルセレクトショップの社員として、忙しい日々を送っているK氏(28歳 男性)。好きなファッションで身を包みSNS上で自分を表現することに思春期の頃から慣れ親しんでいたK氏は、大学入学を機に福岡から上京、アルバイトの販売員から正社員となり現在は販促部で働いている。

見様見真似で始めたカメラに次第に夢中になり、毎週末には写真教室に通うようになった。グループ展やコンテストにも出品するほどのめり込んでおり、社内の簡単な撮影等はすすんで撮らせてもらうようにしている。世界観を表現する術をなるべくたくさん持つことで多角的な視点が鍛えられたり、写真を通じて国境を超えた交流ができたり、もともと旅が好きなのでSNSのハッシュタグをたどりながら休暇の計画をたてるのもモチベーションになっている。

そんなK氏の住まい選びの基準は、主要な駅にアクセスがいいこと。定期的に店舗廻りに出向くこともある他、街の雰囲気を肌感でつかんでおくことは重要だ。それにくわえて会社帰りにちょっとした旅行気分で様々な国のご飯が楽しめる美味しいお店があること。評判のいい写真教室が偶然あったことも決め手となった。住んでから新宿御苑の心地よさに気がつき、結局ずっとこの街で暮らし続けている。

新宿御苑は都内の中でも広大で美しい公園の一つ。地元の博多にある大濠公園とも雰囲気がどことなく似ている。年間パスを買ってしまえば都会の喧騒を離れて静かに自然を味わうこともでき、新宿御苑を通り抜ければ徒歩で国立競技場や明治神宮球場、秩父宮ラグビー場などにも行けるためスポーツ観戦も楽しめる。また無料の散歩コースも整っており、とても気持ちがいいためジョギングが習慣となった。

大通りは交通量が多く、商業ビルが立ち並んでいるため平日は歩道も人が溢れている。そのためチェーンの飲食店やコンビニ、ビジネス専用のサービスを提供する店も多く利便性が高い。夜間遅くまであいている薬局や病院もあるので、一人暮らしには非常に助かる。

もともとは桜を見に新宿御苑にくる外国人客をターゲットに開かれた、多種多様な国の料理を扱う専門店があるのも楽しみの一つ。予約しないとなかなか味わえない有名なガトーショコラの店もあり、こだわりの強い業界人への手土産にも不自由しない。


*ケンズカフェ東京 総本店

タワーマンションの住民が利用している23時まで開店しているスーパーや、飲食店向けの業務用食資材を販売している食品問屋もある。休日に料理したくなった時には、家庭料理から多国籍料理まで多種多様な食材を買えるのも魅力だ。

仕事が忙しくても、趣味を深めて自分の世界を掘り下げて表現したい
旅に行かれなくても旅行の時の自由な気分を日常生活で味わいたい。
都会の利便性と自然の美しさの両方が生活圏内にほしい。
そういった希望すべてが叶うのが「新宿御苑」での生活だ。

・・とはいえ、全てが順調なわけではない。週の半分がリモートワークとなったことで充実してきた自分とは反対に、ショップ販売員をしている4つ年下の恋人はコロナ前と全く変わらない生活に疲弊していることも気になっている。幸い彼女の勤務先の百貨店は徒歩圏内だ。そこで、K氏がとった行動とは?  

文・土橋陽子 / 写真・森田純典 / イラスト・越智あやこ / 企画:(株)PRエージェンシー

後編:風格ある都会のオアシスとして
発展しつづける「新宿御苑」につづく