三井の賃貸

三井の賃貸 レジデントファースト

Lifestyle Imagination

ライフスタイルのご提案
Vol.7 渋谷区・桜丘 Case study

新時代にふさわしいボーダレスな空間活用法

【掲載されている情報について】

弊社(レジデントファースト株式会社)では、掲載している商品等の販売等取り扱いは一切しておりません。予めご了承ください。
インテリアの取り付け、および原状回復については貸主にご確認ください。
もっと読む

東京の街は個性豊かである。新宿や六本木、池袋といった有名繁華街でも、それぞれに異なる雰囲気で街が形成されている。渋谷は、なかでも秀でた存在と言えるだろう。「ここでしか感じることのできない世界観」に溢れているからだ。若者やファッションといったキーワードに、外国人、カルチャー、イベントと異なる概念が複雑に絡まり合い、まるでカオスの形相さえ呈しているようだ。
また、都心の街は生き物のように常に変化もしている。その点においてさえ、渋谷は代表格といえるだろう。現在、渋谷は街全体が「アップデート」の真っただ中。鉄道路線の相互乗り入れにはじまり、複数の再開発ビル建設、駅(銀座線)の移転、渋谷川の移設、バスターミナル再整備とその変化はダイナミックそのもの。一連のプロジェクトすべてが完成するのは2027年予定。その中に、駅南西部に位置する「桜丘プロジェクト」がある。インテリアケーススタディ第7回の舞台となるのは、その程近くに立地。間取りは1LDK。新しい時代にふさわしい、ONとOFFを融合させたボーダレスな活用方法をイメージしてみよう。

渋谷区・桜丘 Case study

間取りの特徴を活かして
「情報発信の拠点」をつくる

50m²の1LDKとだけ聞けば、何の変哲もないコンパクトタイプを連想しがち。だが、実際の間取りを見たら、「これほど想像力をかきたたせるプランもないのでは?」と多くの人が感じるだろう。
間口が約8mもある角住戸。廊下を挟んでパブリック(リビング)とプライベート(ベッドルーム)に二分。その間には「ビューバス」が。
トイレは玄関入ってすぐ脇にあり、PP(プライベート・パブリック)分離を活かした使い方ができそうだ。

住み手は20代カップル。彼女の目標は今流行りの「インフルエンサー」として自立すること。そこで本来プライベート空間であるベッドルームを撮影スタジオとして使用。
パブリックゾーン(リビングダイニング)は生活空間に特化。スタジオは、インフルエンサー仲間にも使ってもらうことで、自宅スペースの有効活用も同時に実現したいと考えている。



インテリア配置イメージを見る
ソファリビングテーブルハンガーラック、
アクリルシェルフ
ベッドライト背景セット

ダイニング兼用のソファ&テーブルは質感重視

スタジオとして使う洋室は、いずれ来客も増えそうだ。だとしたら、居住空間であるリビングダイニングはリラックスして落ち着ける設えを求めたい。そこで、ソファとリビングテーブルはあえて上質なモノをチョイス。ダイニングセットはもっと広い家に住み替えた時まで買い揃えないことにした。
したがって食卓兼用のため、テーブルはゆとりのあるサイズを。透明感のある天板や少し高めに浮いたソファは、寸法の割には存在感をことさら強調せず、最も居心地の良いお気に入りのスペースに仕上がった。

アイテム1/ソファ
『カストール』

ローバック(低い背もたれ)に、少し高めの足を設けた設計は、空間に開放感をもたらす。また、昨今普及が目覚ましい「ルンバ」(ロボット掃除機)の通り道としても有効だ。
通常のソファ形状から、アームレス、カウチとバリエーション豊か。もちろん、スツールやクッション類も揃い、張り地は自由に選択できる(グレード有。張り地は一部選択不可も)。
『カストール N528/日本フクラ/ カウチ 49/50 W1830 D930 H640 SH390 \290,400~(サイズや張地によって異なります)』

アイテム2/リビングテーブル
『SLT007』

ソファに合わせ、リビングテーブルも足がすっきりとしたデザインを。
素材はブラックのスチール。「軽やかでモダン」に加え、引き締まった印象を与える。天板はスモーク(半透明)のガラスを選択。
クールなアーバンライフを思わせながら、開放感をわずかでも損ねないよう留意した。
『SLT007-1000 /日本フクラ/W1000 D500 H350 天板ガラス ¥161,700(税込)』

ピクチャレールを活かした収納空間

さて、ベッドルームをスタジオ化したことで生まれた課題が収納。ハンガーをかけるポールや折りたたんだ衣類をどのように仕舞うか。
悩ましいのは、それらは増減すること。タンスを買っても入りきらなくなれば、問題は再燃する。

いろいろと調べた結果、行きついたのがピクチャレールを活用した収納スペースの創出。リビングの壁に幅3mほどもある備え付けのピクチャレール。この物件の特徴をいかしたアイデアが実現した。
これなら服や帽子をかけるハンガーやフック、衣類を置いておく棚等を自在に設置することが出来る。

アイテム3/ハンガーラック、アクリルシェルフ
『ワイヤーシステム・ピクチャーレール』

プロダクトを提供する荒川技研工業は、ワイヤー金具の調整機構「ARAKAWAGRIP」を自社開発。建築家やデザイナーと協働し、多彩な使い方や空間づくりを考案、展開している。


透明アクリルの棚板。位置変更は自由自在で、簡単に調節できる。ワイヤーの長さは1m~1.5m(ハンガーラック含む)

『ワイヤーシステム /荒川技研工業/ ハンガーラック:レールタイプ APH-52 許容荷重10kg以内。本体金具:340×158×16 ワイヤーエンド:35 φ16 ¥9,680(税込) /バックホルダー:本体金具のみ APH-60 フック部92×66 本体幅:47 ¥5,060(税込)/アクリルシェルフ:2連タイプAPH-702 耐荷重は1段につき5kg。アクリル棚板:W580 D200 H10 ワイヤーエンド:35 φ16¥27,500(税込)』

こだわったのは「眠りの質」

インフルエンサーは、苛酷な仕事として知られている。頻繁に更新するための撮影、録画。編集作業。そして投稿。コメントにはすべて返し、ポスピタリティの評判を上げていく。
そんな重労働を可能にするには、質の高い休息が欠かせない。この部屋で最もこだわったアイテムは、良質な睡眠を提供するハイクオリティなベッドである。総合素材メーカーのグループである「日本フクラ」のボトム・マットレスは、体の部位ごとに荷重の吸収度合いを調整する。ヘッドボードの形状から選べるカスタマイズシステムも充実している。

アイテム4/ベッド
『ラティオレット ベッドシステム』

ベッドシステムの選び方は、まず「ヘッドボード・フレームを選ぶ」。次に「ボトム・マットレスを選ぶ。そして「サイズを選ぶ」(シングル(S)セミダブル(SD)ダブル(D)クイーン(Q))。最後に「オプションを選ぶ」。それぞれ素材、カラー、形状など数種類を用意。自分に合った最適な1台が完成する。
『ラティオレット ベッドシステム/日本フクラ/ベッドシステム組み合わせ参考例:エルゴレットフラット仕様(ERGF)布張り¥283,800(税込)~ ヘッドボード(オーバル)布張り¥73,700(税込)〜 マットレス(ハイパーフレックス スタンダード )¥143,000(税込) いずれもセミダブルサイズ』

渋谷から世界へ発信する「私のスタジオ」

影響力のあるインフルエンサーになるために。まず、(カメラ以外で)最低限必要なものは何か?
それは「映え」るためには欠かせない照明と背景。軽くて動かしやすい機材を選定。7畳もあれば、全身コーディネートも楽々撮影できる。
最近では需要が増えたせいだろうか、いろんなメーカーからお手頃な価格でリングライトなどが発売されている。だが、電気設備は安心できるしっかりとしたメーカーにこだわりたい。老舗企業のサンテックが有力な候補のひとつになった。

アイテム5/ライト
『リングライト』

5,600KのLEDと3,200KのLEDを160個ずつ使用。色温度と調光を単独にコントロールできる。左右から光があたり、立体感あるポートレートの撮影が可能。
肌色も自由に補正でき、キャッチライトが綺麗に入った撮影が簡単にできる。料理動画やアクセサリーなど細かい部分を撮影したい場合もおすすめ。
リモコン受信部内蔵により、Bi-Color調光リモコン LG-A34(別売)が使える。
『リングライト LG-R320C / サンテック /外径 455 内径 305 幅 75 奥行 52(取っ手含む71)重量 約1.5kg(グリップ含まず) ¥37,026(税込)』

『スリムライト』

表面実装型LED5,600Kと3,200Kを134個ずつ、計268個使用。アクリル導光板によりパネル前面を明るく光らせるBi-color(色温度可変)タイプ。
フリッカーフリー、ファンレスで動画撮影にもおすすめ。超薄型(17mm)軽量(980g)。ACアダプター付属、電池(単三形電池)も可。これを2台左右に設置して、本格的な撮影スタジオが出来上がり。
『薄型LEDスリムライト LG-E268C / サンテック / W348 H240 D17 重量:約980g / ¥23,375(税込)』

アイテム6/撮影用背景
『背景キット』

よく写真館で見る背景のセット。背景紙の色や模様を変えるだけで雰囲気がまったく違う写真を撮ることができる。大掛かりなように思えるが、幅、高さともに問題なし(伸縮タイプ)。
投稿するテーマの広がりに合わせ、背景のバリエーションを少しずつ増やしていこうと思う。
『IC バックグラウンド・キットII / サンテック /エクスパンダーパイプ(水平)伸縮長サイズ124~283cm 専用スタンド(垂直)サイズ87~288cm / ¥28,600(税込)』

インテリア配置イメージを見る

文・構成:樹山ハル / イラスト:アヤコオチ / 企画:(株)PRエージェンシー

【掲載されている情報について】

・商品等の情報は2020年1月現在のものです。
・ディスプレイの性能やご利用環境によって、商品の色が実物と異なって見える場合があります。予めご了承ください。
・製品により表示サイズが実物と多少異なることがあります。
・掲載の商品は予告なく仕様や価格の変更、および生産を中止する場合があります。
・弊社(レジデントファースト株式会社)では、掲載している商品等の販売等取り扱いは一切しておりません。予めご了承ください。
・インテリアの取り付け、および原状回復については貸主にご確認ください。
・掲載内容の転用は固く禁じます。