家庭も仕事も育む、
明日がはじまる。

そろそろ赤ちゃんをとお考えのお二人、ただいま育児真っ最中というご家族。
そんな皆さまの視点から、理想的な住まいを見つめれば、
大切なのは子育てと仕事を両立させる住環境ではないでしょうか。
〈パークシティ柏の葉キャンパス ザ・ゲートタワー ウエスト〉では、
建物内「入園保証保育園」や「学童保育」、
敷地内の「病児・病後児保育」をはじめ、
「3 6 5 日対応小児科医院」も開院。
家庭も仕事も育む暮らしを叶える、様々な子育て支援環境を整えました。
さらに「柏の葉」には、街ぐるみの子育て環境もすでに充実しています。
ご両親が安心して働きながら、お子さんが学び、遊び、育っていく。
そんな暮らしの環境が、ここにあります。
※但し、定員に限りがあります。入園には、保育園の運営事業者・株式会社マザープラネットの入園審査があり、別途株式会社マザープラネットとの入園手続きが必要です。

チコル☆保育園・チコル☆アフタースクール(学童保育)

働きながら子育てをするご家庭を応援する認可外保育園。一時保育にも対応します。
保育園併設の学童保育は、国際社会で活躍できる人材育成を目指し、小学生を対象とした民間学童保育施設。
チコル☆保育園2018年1月撮影

チコル☆シェアキッチン

プロの料理人が常駐し、温かい食事をご提供。学童保育への給食や周辺住民向け料理教室も開催しています。
チコル☆シェアキッチン2018年1月撮影

チコル☆パーク・チコル☆ワーク

子供の遊びを2階から見守りながら仕事ができるインドアパーク。室内遊具やボールプール、ボルダリングといった遊具を設置しています。
チコル☆パーク・チコル☆ワーク2018年1月撮影

チコル☆デリカ

地元の食材を使ったプロの料理人が提供する夕食お総菜サービス。ケータリングも可能です。平日に限り、お子様に夕食を提供するキッズバル(子ども食堂)がオープン。
チコル☆デリカ2018年1月撮影

チコル☆シェア ルーム

ヨガやダンス教室、通常の会議室など多目的に利用できるスペースです。
 
チコル☆シェア ルーム2018年1月撮影

店舗棟1階

病児・病後児保育「オハナ☆キッズケア」

会員制の病児・病後児保育サービスを提供。居宅訪問病児保育サービスも実施しております。
image

小児科医院「キャップスクリニック柏の葉」

365日無休、夜間・休日診療にも対応。子育て悩み相談も承ります。

imageimage
※キャップスクリニック柏の葉は 、米NPO法人セサミワークショップの小児科・小児歯科向け教育プログラム「セサミストリートクリニックメンバープログラム」に加盟しています。

街ぐるみの子育て環境

柏の葉には、子供が学び、遊び、育つ環境が数多く用意されています。
教育施設や、公園などのハードだけでなく、地域の住民や、教育機関、自治体が協力しながら運営する、
コミュニティ活動も盛んに行われています。

未来こどもがっこう

これまでの“学校”という枠を超え、“街”を舞台として、ひと、もの、自然、すべてが先生となる、体験型の学びの場です。「探究」「先端」「健康」「創造」「共創」といった5つのテーマに基づいた体験型のカリキュラムを通し、自分を、そして、まわりの人を幸せにできる、この街ならではの、子どもたちの「未来力」を育んでいきます。

ピノキオプロジェクト

「子供は街で育てよう!」を合言葉に開催しているチャレンジ教育プログラムです。働くことの楽しさや意義について考え、自分の未来を描くきっかけとして、毎年11月に開催し、当日は、子供たちが地域のお店でお仕事を体験し、街ににぎわいを作ります。お仕事体験を終えると、お給料として仮想通貨「Pi(ピ)」が支給され、地域の協力店で使用することができます。

柏の葉サイエンスエデュケーションラボ

“科学コミュニケーション活動を通じた地域交流の活性化”をテーマに、東京大学柏キャンパスの大学院生(有志)が中心となり、地域の子供向けに科学の楽しさを伝えるプログラムを行っています。柏の葉高校の先生や学生と一緒につくるプロジェクト型共同授業の実施など、小・中・高と大学が連携した柏の葉地域らしい学習プロジェクトの創出を目指しています。

まちのクラブ活動

「柏の葉にくると、知り合いが増えて楽しい!」そんなまち(地域)を目指して人と人をつなぐきっかけとなるクラブやイベントを企画運営する、地域のための交流プロジェクトです。子どもから大人まで、一人でもご家族でも、誰でも参加できるのが『まちのクラブ活動』の特徴です。現在18のクラブと、6種類のプロジェクト活動があります。
チコル☆パーク・チコル☆ワーク
※掲載の施設のサービスは、一部有料となります。サービス内容は変更になる可能性があります。