東急東横線「代官山」駅徒歩5分に誕生する賃貸マンション「パークアクシス代官山」

YASUO KONDO

近藤康夫

近藤康夫

東京生まれ。東京造形大学造形学部デザイン学科室内建築専攻卒業。三輪正弘環境造形研究所、クラマタデザイン事務所を経て、1981年近藤康夫デザイン事務所設立。2006年より九州大学大学院芸術工学研究院教授。インテリアデザインを中心にデザインディレクション、プロダクト・建築デザイン等幅広く活動。代表作は200年度、毎日デザイン賞を受賞した東証アローズ等。

Symbolic facade

都市の創造性を産み出す空間

東京の代官山という立地でのみ成立するスタイルとは何か。都心志向のクリエイターたちや、創造性を求める人々が集い、住まう場であることをイメージし、白と黒のモノトーンによる、スタイリッシュな外観を目指しました。

※完成予想CG 図面を基に描き起こしたもので実際とは異なります。

Symbolic lobby

そこに住まう人々を迎える、空間のストーリー

※図面と現況が異なる場合は、現況優先と致します。

エントランスを入ると、クラッシュガラスのスクリーンが都市の煌めきを象徴するかのように出迎えます。
落ち着いたロビーを通り、ギャラリーへ入ると、そこは外観のイメージにつながるモノトーンの世界。光によって表面に陰影が生まれる白い壁と、角度を持たせたダークウッドの壁で、空間に変化と連続性を創り出し、エレベータホールへとつながっていきます。
そうした、様々なシーンの連続が、つながりのある空間のストーリーとなり、レジデンス全体が上質感あるスタイルとなっています。

Lobby(2008年10月撮影)

Symbolic suite

BS2 type

高い天井とドライエリアからの光が最大の魅力の空間です。その特性を更に生かすことを念頭に、ガラス張りのバスルームを広くとり、上質感のある淡い色調を取り入れることで、都心のホテルのような安らぎの空間を演出しています。

Bed Room(2008年10月撮影)
※図面と現況が異なる場合は、現況優先と致します。

間取り 1LDK
専有面積 64.19㎡(約19.41坪)
テラス面積42.63㎡(約12.89坪)

YASUO KONDO

近藤康夫

近藤康夫

東京生まれ。東京造形大学造形学部デザイン学科室内建築専攻卒業。三輪正弘環境造形研究所、クラマタデザイン事務所を経て、1981年近藤康夫デザイン事務所設立。2006年より九州大学大学院芸術工学研究院教授。インテリアデザインを中心にデザインディレクション、プロダクト・建築デザイン等幅広く活動。代表作は200年度、毎日デザイン賞を受賞した東証アローズ等。

Symbolic facade

都市の創造性を産み出す空間

東京の代官山という立地でのみ成立するスタイルとは何か。都心志向のクリエイターたちや、創造性を求める人々が集い、住まう場であることをイメージし、白と黒のモノトーンによる、スタイリッシュな外観を目指しました。

※完成予想CG 図面を基に描き起こしたもので実際とは異なります。

Symbolic lobby

そこに住まう人々を迎える、空間のストーリー

※図面と現況が異なる場合は、現況優先と致します。

エントランスを入ると、クラッシュガラスのスクリーンが都市の煌めきを象徴するかのように出迎えます。
落ち着いたロビーを通り、ギャラリーへ入ると、そこは外観のイメージにつながるモノトーンの世界。光によって表面に陰影が生まれる白い壁と、角度を持たせたダークウッドの壁で、空間に変化と連続性を創り出し、エレベータホールへとつながっていきます。
そうした、様々なシーンの連続が、つながりのある空間のストーリーとなり、レジデンス全体が上質感あるスタイルとなっています。

Lobby(2008年10月撮影)

Symbolic suite

BS2 type

高い天井とドライエリアからの光が最大の魅力の空間です。その特性を更に生かすことを念頭に、ガラス張りのバスルームを広くとり、上質感のある淡い色調を取り入れることで、都心のホテルのような安らぎの空間を演出しています。

Bed Room(2008年10月撮影)
※図面と現況が異なる場合は、現況優先と致します。

間取り 1LDK
専有面積 64.19㎡(約19.41坪)
テラス面積42.63㎡(約12.89坪)

PAGE TOP