【見学・内覧レポート】レジディアタワー目黒不動前 | [三井の賃貸]レジデントファースト


お問い合わせ
0120-321-719
営業時間 9:30~18:00(水曜定休)
WEBから

三井のレジデント

English

  1. 「三井の賃貸」レジデントファーストトップ
  2. レジディアタワー目黒不動前

【見学・内覧レポート】“住みやすさ”を追求した空間の中に、設計者の心遣いが息づくタワーマンション「レジディアタワー目黒不動前」

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
公開日:2020/01/20

都会にいながら自然を感じられるエリア、五反田・目黒・不動前。「レジディアタワー目黒不動前」は、ちょうどその真ん中あたりに位置するタワーマンションです。今回はこちらの「レジディアタワー目黒不動前」を見学することができましたので、その様子をレポートします。

一度住んでみれば、東京の眺望が楽しめるのはもちろん、落ち着きのある洗練された空間に、心が洗われていくのがわかることでしょう。また毎日の生活を快適にする設備もきちんと整っており、いたるところに設計者の細やかな心遣いが感じることができました。それでは、さっそく共有部や専有部を確認していきましょう。

ホテルライクなエントランスとロビー 居住者専用のジムで体づくりの習慣も身につく

エントランスを抜けると、目に飛び込んでくるのは大きな御影石でできた待合椅子とフロント。帰宅した居住者や来客を、まるでホテルのような、都会的でラグジュアリーな空間が出迎えてくれます。フロントには、コンシェルジュが24時間常駐。またダブルオートロックを採用しており、エントランスとエレベーターホールの2ヶ所が施錠されていますので、セキュリティが気になる方も安心です。
ネット通販を利用される方も多いそうですが、このマンションにはトランクルームや宅配ボックスも設置されていました。平日不在が多い方でも、困りません。

1階の奥にはフィットネスジムも完備!しかもルームランナーやフィットネスバイク、筋力トレーニングの器具など、トレーニングマシンの器具が充実しています。 居住者の方であれば登録は要らず無料で使い放題なので、もともとジムで体づくりを習慣にされている方はもちろん、これからボディメンテナンスを始めたい方にも魅力的な環境ですね。朝7時から夜11時まで開放されているので、ライフスタイルにあわせて朝の出勤前から利用しても、仕事帰りに利用してもよいでしょう。「体を動かした後、すぐに自分の部屋に戻ってシャワーで汗を流す」という贅沢な習慣が身につきそうです。

さて、それでは肝心の住居空間を見ていきましょう。エレベーターホールにはエレベーターが4台。高層階用・低層階用と、降りる階層によって使用するエレベーターが異なります。エレベーターがたくさん設置されていると、混雑する朝もエレベーターで混雑しにくいのが嬉しいですね。
ペットボタンも設置されているため、待っている方が外からペットが乗っているかどうかが把握できるので、ペットを飼っている方や動物アレルギーが心配な方も安心。またペットといえば、このマンションは全室ペット可!さらにマンションでは断られる可能性が高いネコも飼育可能なため、愛猫家の皆さんからの問い合わせも多いそうです。

単身者からファミリーまで満足できる住居空間をチェック

専有部(1.2部屋)

1LDK~3LDKまであります。今回は2部屋内覧できましたので、それぞれ紹介していきましょう。

① K1type(1LDK+DEN)

まずは5階にある、1LDKタイプのお部屋にお邪魔しました。この間取りの部屋は、結婚予定のカップルや単身者の方が契約者されることが多いそう。小さいお子さんがいるご家庭も入居しているほどですので、1~2人であれば余裕をもって住めるようです。

キッチンは収納が多く、鍋などの調理器具やお皿、カトラリーなども余裕をもってしまっておけるでしょう。このシンクのすぐ横には棚が設置されており、電子レンジや電気ケトルなどを設置できます。

パウダールームの棚は鏡貼りのためか、広々として見えます。鏡が大きいと、ファッションチェックなど朝の身支度が、よりはかどりそうですね。

この部屋の窓は、二重サッシになっています。近くには首都高速が通っているため車も多く行き交っていますが、この二重サッシを閉めれば騒音は全く気にならなくなります。窓側のDENは3畳ほど。寝室にするには少々狭いですが、ウォークインクローゼットにしたり、書斎にしたりと、居住者の方によって使い道はさまざま。

コンセントが多いのも便利で、居住者の方に喜ばれているそうです。リビングには1部屋に2つありました。マルチコンセントなので、LANやTV、電話回線などを好きなところに設置できるので利便性が高いです。また全部屋、リビングには床暖房が設置されているので、肌寒い季節でも足元からじんわり温まります。家族や友達が、自然とリビングに集まりそうですね。このように、細かい設備まで居住者が使いやすいように整えられています。

② R1type(3LDK)

続いて、23階にある3LDKタイプのお部屋へ。こちらは3~4人以上いるファミリーの契約者が多いそうです。

キッチンの奥にはパントリー(食品庫)も。この設備は5階の1LDKのキッチンにはありませんでした。ここには、常温でも保存が可能な食品や調味料、調理道具などを置いておけます。また、リビングとの境には扉も付いているため、キッチンをまるごと隠すことが可能です。急にお客様が来訪された時なども安心ですね。

リビングだけでなく、どの部屋からも窓があり、品川方面の都会の景色の眺望がひらけています。春には目黒川の桜が満開になる様子も見られ、居住民の方の目を楽しませてくれるとのこと。

このように、内覧した部屋はどこも利便性に優れているため、単身者でもファミリー層でも毎日快適に暮らせる住まいであると感じました。

30階のスカイラウンジでは、毎日絶景を楽しめる特権が! 1人でも大人数でも使い勝手◎

部屋を堪能したところで、最上階の30階にあるスカイラウンジへと向かいます。居住者の方であれば、9時から21時と、朝から夜まで自由に使えるのが嬉しいですね。最大で約14~16人が座れるほどスペースも広々としており、1人で座れる椅子もあれば、ファミリーやお客様などと一緒にゆったり座れるソファも用意されています。気分転換に読書をしにきたり、居住者のパパ・ママ同士でちょっとお話ししたりと、気軽に利用してみたいですね。

食べ物やお酒は持ち込み不可ですが、基本的に利用方法は自由。パソコンを持ってきてクリエイティブな仕事を進めたり、ソファでくつろいだり……。お客様を迎える応接間の代わりに使用するなど、時にはビジネスシーンで活用することもできそうです。無線LANも使い放題。部屋の奥に自販機が1台あり、さらにマッサージ機まで1台置いてあり、まるで空港のファーストクラスラウンジのような、細やかな心配りが感じられる空間でした。

15分以内で渋谷や新宿にも行ける! なおかつ利便性もよい立地

特にビジネスパーソンにとっては、交通の利便性の良さも気にしておきたいところ。「レジディアタワー目黒不動前」は、山手線「五反田駅」から徒歩7分、東急目黒線「不動前駅」から徒歩8分のところにあります。渋谷に7分、新宿にも14分で行けるなど、都心のどこにでもアクセスしやすいのがありがたいですね。

不動前駅周辺はコンビニやレストランなどはもちろん、昔ながらの喫茶店なども多く、どこか懐かしい雰囲気が味わえます。少し歩けば目黒不動尊などの寺社仏閣を始め、目黒川や林試の森公園など、自然も多く、天気が良い日は散歩したくなるのどかさ。

ファミリーなら気になる、お子さんの「学区(通学校区)」も、この「レジディアタワー目黒不動前」がある品川区では、全ての区立小・中学校で小中9年一貫教育を施行するなど、教育にかなり力を入れています。所属学区は、第一日野小学校と日野学園中学校。こちらを調べてみたところ、ネットの品川区の小学校ランキングの中にも上位にあり、評判が良いとのこと。お子様の教育環境が気になる方は、このような視点で居住を検討してみるのもアリかもしれません。

都心がもたらす便利さと、自然がもたらす安らぎのロケーション。大人でしたら、この絶妙なバランスを贅沢に楽しみたいですね。

毎日の生活が豊かになる空間で、自分らしく過ごせるひと時を

レジディアタワー目黒不動前は、都会のタワーマンションらしい贅沢な空間だけでなく、毎日の生活を便利にする気遣いに溢れていました。まさに単身者からファミリーまで、誰もがその住み心地に満足できるマンションです。

この物件の空室はこちら >
  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク